☆ ふくしま産業賞 を受賞 ☆


これまで2回の応募を県の(森林林業緑化協会)から推薦して頂きましたが、選考されませんでした。
本年度の応募受付の記事を眼にした時に、諦めていた筈なのに気持ちが揺らぎました。
目立てを身に付けたい人が居る、更に支援活動をすべき! と思っている自分はチャンスを見逃すのは卑怯とも言えるのではないか?
そして、応募しました。
結果は、福島民報社奨励賞に選考されました。

「今後の活動を怠るな!」の意味が込められた選考と認識し、意欲が湧いた私です。

手持ちのヤスリです。サイズは、 右から、 薄身の70mm, 75mm, 100mm, 125mm, 150mm.

鋸の刃は、細かい目にヤスリで摺る事で付けられます。
鋸の刃渡りサイズと目の粗さは比例させます。(通常は)。
ですから、目立てを施すには目のサイズに合わせてヤスリを選択する必要が有ります。

右端の2丁重ね写しは、導付き鋸等の細かい目には欠かせません。
75mm は両刃鋸の8寸から使用可能です。
枝切り鋸にも適したサイズです。
100mm は両刃鋸の1尺モノと枝切り鋸に。
125mm は両刃鋸の1尺1寸モノから、 腰鋸の
1尺3寸程迄です。
150mm は両刃鋸には向きません。
(特に大きな目なら、別ですが)
オークションに出品されている、大きな鋸には
絶対に必要です。

木こりさんの愛用品だった前挽き鋸も、長期間放置されていては、肝心の 刃 は、サビが
被っている筈ですから、目立ては必須です。

powered by crayon(クレヨン)